Pursue your career at home
おうちで、キャリアを生かしましょう。

BMD/ 認定講師プロフィール

講師プロフィール

村田 敦(むらた つとむ)
本質追求型・密接派クリエイター
合同会社 実践マーケティングセンター 代表社員
一般社団法人 シェア・ブレイン・ビジネス・スクール認定講師
一般財団法人 日本生涯学習協議会 認定ビジネスモデル・デザイナー(R)
真摯な傾聴(癒やしの話し相手)メンタルケア ほんわか倶楽部・運営者
専門分野:プロモーション マーケティング 広報・PR ブランディング 
所属エリア:大阪府
登録年:2017年6月1日 登録番号:A006-002

1999年創業。起業後から顧客獲得のために、広告代理店や広告媒体などを積極的に活用するが、顧客メリットより自社メリットを最優先した実態に資金を吸い取られてきた苦い経験を持つ。
そのために費用対効果の高いクリエイティブなご支援を、自らが実施することに繋がっていった。

マーケティングを徹底的に体得・実践するため、高級車3,5台分に相当するほどの資金を活用し、およそ2年あまりで自身の事業で回収・利益化を実現。

その後、真摯な度合いの強いクライアント企業に密接にサポートを続けて、高確率の9割以上は費用対効果の実績を上げていただいた。費用対効果に徹底こだわりの集客支援の件数は、延べ400件以上。

机上の空論や一時的にしか通用しない小手先のスキルに依存しない方針で、細やかさと本質を見極めて伝えきろうとする真摯な支援は、結果として継続的に費用対効果の高い集客を可能のものとしてきた。

その結果として、例えば、全くの異業種からの素人参入の個人事業者の方に、WEBサイトからの受注のみで、初月から400万円台、二ヶ月目・500万円台、三ヶ月目・600万円台(受注対応できる上限)の売り上げを上げさせた実績などを持つ。

または、顧問先0件から始まり4年目で顧問先が700件・スタッフ数20名を超えている会計事務所は、同事務所が開業して間もなくの頃からの集客クライアント様であり、子会社への集客プロデュースを含めて、様々な集客の相談・ご支援を行なってきた。

他にも、業界としては珍しく従業員100名以上の整骨院・マッサージ業(複数拠点)の集客施策リニューアル・プロデュースを求められて、細部に渡り実施してきた。

○ 集客支援・一例 ○

・ 保険代理店向けのFAX DMでは、4~6%の反応率を何度も叩き出す。
・ 士業向け営業スキル体得のための高額セミナーの集客支援では、満員御礼の状態に。
・ 経営コンサルタントの集客支援では、フライヤーだけで問い合わせ率:3%を達成。
・ 成功哲学販売会社に対し、高額営業セミナー団体申し込みをメールマガジンから獲得。
・ 自身が主催の起業家向け異業種交流会(3団体)では、毎回30人~40以上の集客を実施・利益化。

当時、自らが立ち上げた起業家向け異業種交流会は大阪日日新聞にも取材掲載されるなどの経緯から、さらなる繋がりを得ていく。

例えば、リッツ・カールトン大阪の(初代)営業統括支配人を務めた後、京都全日空ホテル社長兼総支配人を務めた(故)林田正光氏が立ち上げた、若手向け異業種交流会の世話人・集客ご支援のご依頼を村田が受けて若手世話人チームのリーダー役を担った等々がある。

年々、廃業していく起業家の悲しい現実をリアルに知っていく中、枚方市きららビジネスアカデミー主催・経済産業省ドリームゲート後援の起業家向けセミナーにて講師を務めた。

自身でもホスピタリティを込めた支援展開に注力する一方、事業拡大を構想したい集客クライアント企業に対し、集客面でのサポートだけでは足りない実感が募る。

そこで様々な情報を多角的に検討し、体系化の精度と再現性の高さから選んだ「ビジネスモデル・デザイナー(R)認定講座」を受講し認定を獲得する。

今後は事業が成長してきたクライエント企業や新しい出逢いなどに対し、集客支援にとどまらずビジネスモデルのリ・デザインをプロデュースする活動にも注力していく。

ビジネスモデル・デザイナー(R)のスキームを基に自社で立ち上げた、一般の方向けメンタルケア・サービスの「真摯な傾聴サービス・ほんわか倶楽部」は立ち上げ後、半年ほどで軌道に乗らせられた。

毎日のように協力メンバー求人への応募が止まらない状態が続き、立ち上げ初年度から600人超、次年度1200人超の希望者が来る。同時に傾聴クライエント申し込みがやまない状態が続いている。

ほんわか倶楽部のビジネスモデルが認められて、主催の中山史貴(匡)氏より複数回に渡るリクエストをいただき、「ビジネスモデル・デザイナー(R)アワード2017」にて村田が登壇の機会を得た。

同イベントは130人ほどがご来場いただけて、誰もが知る著名人・トップマーケッター神田昌典氏が基調講演を行なうなど大盛況であった。

1999年: 通信事業の独立系代理店として個人創業。
2000年: 実践マーケティングセンターに屋号変更。
2006年: 合同会社 実践マーケティングセンターに法人改組。
2017年: 公益財団法人 日本生涯学習協議会 認定ビジネスモデル・デザイナー(R)、一般社団法人 シェア・ブレイン・ビジネス・スクール認定講師としての認定を受ける。
2017年: メンタルケア事業の皮切りとして「真摯な傾聴(話し相手)サービス・ほんわか倶楽部」を創設。

理念は「価値ある影響を創造する」
テクニックやスキル(やり方:Do)ばかりに依存するのではなく本質的な価値(在り方:Being)を伝えることにウェイトを置き、心あるクライエント様に向けて本質的なサービスクオリティを目指し、真摯なブラッシュアップと価値のご提供にこだわり続ける。

北海道出身。人口より牛の数のほうが多い町で18歳まで暮らした。
学生時代、国語力は、大した勉強をしなくても、毎回、全国トップレベル。
(故)大宅壮一氏の弟子たちによって創設された日本ジャーナリスト専門学校・ルポライター専攻科卒。
実践主義の強い校風、恩師であった。表面ではなく本質を観続けることの重要性を痛感させられる。


講師一覧に戻る

Brain energy changes the world

才脳が世界を変える

c 2018 SBBS, All Rights Reserved.